読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この瞬間が永遠だ

掴み取れNo.1!前に前に進め

東西show合戦を観劇してきました②

 

 

先日、高校時代からの友人がオタ卒宣言をしました。当時嵐をゆるく応援してた彼女にエイトの∞祭を勧めてから、一緒にオタクしてきて約5年。同じタイミングで関ジュにハマって約1年。ずっとオタ卒オタ卒言ってた彼女にいつも、お前のオタ卒宣言はオヤジの禁煙宣言と同じだから!!と半ギレだったここ最近。引き止め虚しく、ついに辞めるそうです。今後も一生大切にしていきたいと思える彼女と仲良くなれたきっかけがジャニーズだったので、もう止めることはないけど悲しいもんです。禁煙できてよかったね。私はヘビースモーカーのごとく今日も元気にオタクします。康二くんはニコチン、依存はしゃあなし、どんどん摂取します。最近ハマってる韓国グループ、RTされても分かんねーよバーーーカ!!!

 

 

 

本題に戻ります。ナッッッッッッッガ!!って思われてもしょうがないくらい前回が長くなりすぎたので、今回はそこんとこ気をつけて「東 SixTONES×西 関西ジャニーズJr. 東西show合戦」後半セトリを振り返っていきたいと思います。オタクって本当話したがり〜〜

 

①(http://c-8uomg123.hatenablog.com/entry/2017/02/24/111346)(あらすじ:向井担の向井担による向井担のための向井康二くんかっこいいbot)

 

コント後のセトリから振り返ります〜

 

M19.  Jumpin'up

本家がKAT-TUNということで、隣のハイフンはしっかりレスポンスきめてました。花道にもメンバーが広がって、上階からの視界は樹くんの首上しか確認できず、、、。花道演出辛すぎンゴ、、、。

 

M20.  Bring it on

関西Jr.の新曲で、和訳すると「かかってこいや」って意味らしい。何それかっこいい。え?好き〜〜!!東京の?公演にて??かかってこいや???はい好き〜〜〜〜♡♡前曲からの温度差すみません。タイトルだけで沸ける低燃費オタクは、バキバキダンス有り、ラップ有り、エモい歌割りありなゴリゴリかっこいい(言い方)この曲で胸いっぱい。常日頃から関西にグループ作れ事務所!と念じていますが、 関西Jr.全員の集団群舞も見応えあって好きなんです〜早く関西勢で披露してほしい!

 

M21.  シャレオツ

M22.  この星のHIKARI

M23.  Shake It Up!

M24.  SIX SENSES

M25.  愛のコマンド

怒涛のストメドレー。なんと言ってもストのすごいのは、自曲になると自然に単独コンみたいな雰囲気を作ってしまうところです。煽り曲であっても完全ストの空気でした。あれ私スト担だっけ?好きなアーティスト誰で入会したっけ?まあいいやここはスト魂!(違う)  まず前提として一人一人自己プロデュースがしっかりしてるし、グループ内における自分のポジションを分かってる。私はストに対して「強い」と主に形容するのですが、それは自己プロデュースをする個人から放つオーラの強さを指してるんだと思います。多分。、、、多分?でも戦闘能力強そうですよね。内か外かだったら完全外に向かって放ってる強さ。6つの力を集めて敵を倒すんじゃなくて、それぞれ6通りで戦ってたら同じ敵を倒してたみたいな。何言ってんだ?ざっくりまとめて言いたいことは、関西にもグループ作ってくださいということです。(何度でも言う)

 

M26.  Kis-My-Me-Mine

M27.  Boyz Don't stop

M28.  SuperSONIC

バックのJr.10人が立ち代わりで披露。3階席にて顔と名前一致を試みて目がギラついていたオタクは私です。視力はいい方ですが、結局谷村くんの眉毛しか見えなかった。羽場友紀(はば ゆうき)くん(らしきローラーの子)はスノプリ時代で止まってるので成長とか信じません。隣から聞こえるりんねコールで琳寧くんも確認。愛を叫べの前科もあり、視線泥棒谷村くんに釘付けでした。今回は背骨通ってた気がする。

 

M29.  SAMURAI

タキツバ曲担でもある私はこの選曲に舞い上がる。衣装も着崩した和装で刀を持ってパフォーマンスしてて、でも腰にはたこ焼きベルトしてた。かっこよくしきらない関西がたまらなくかわいい。立ち回りは龍太くんがダントツで様になって見えました。ところで毎回思うのですが、関西勢って和装似合いますよね?和装の演出は春松竹にも持ち帰ってくれますよね??

 

-MC-

2/21夜公演はタライ落としでした。

康二成功◎、大吾失敗×、流星成功ゾーンの手前で止まってしまい、龍太ジャッチで×。何のフォローにもならないけど3階席からは大成功に見えたよ!?!?アウトって言われてスススっと成功ゾーンにタライを合わせる流星ちゃんは天使オブ天使。なんやかんやで龍太くんもタライを受けることになったんだけど、本人の意思ガン無視で前列のお客さんを仕込みにいく3人可愛すぎました。(結局龍太くん見事にタライを落とされていました。)

 

M30.  ×〜ダメ〜

タライ落とし失敗のため、何でこんなにダメなんやろ〜?ダメダメやな〜?のフリでこの曲。成功したらハピラキだったみたいで、それはそれでとっても聴きたかった!!曲とコーナーをリンクさせる流れがすごく好きなので、曲フリからもうワクワクしていました。ジャニーズの曲の振り幅半端ない。

 

M31.  2nd movement

イントロが流れた瞬間の悲鳴にも似たあの歓声が、あの時、あの3人が培った全てなんだと思いました。

3人の意見を3人が尊重して、懸命に取り組んだ曲。

綺麗過ぎるトライアングルが築き上げた集大成とも言える曲。

3人の曲。

kin kanの曲。

2nd movementに詰めこまれた繊細で綺麗すぎる思い出たちは、康二くんによってまた綺麗に上書きされていくんだなあ。康二くんのパートはそのまま、あの箇所は大吾くん、あの人の箇所は龍太くん、流星くんと流れて、サビはあの時と同じ振り付けで。"あの時"をリアルタイムで見ていなかった私は、ただただ康二くんの力強いけどどこか脆くて壊れそうな雰囲気に圧倒されることしか出来ませんでした。

ああ、素敵だな。なんてかっこよくて、儚いんだろう。あ、でも果たして上書きって言葉選びは適切なのか。んー、、、更新?新規保存?まあでも、新しいセカムブを作り上げていく康二くんもまた良い。「伝えたい 大切なあなたへ」部分の振りが一番好きです!

 

M32.  夜空ノムコウ

曲前のミニMCはジェシーくんと流星くん。異色が過ぎる!関西からメンバーを選出するときに、コントでキスした仲だからとジェシーくんに擦り寄る康二くんに理由はさておきいとしさ溢れました。ジェシりゅちぇの身長差は、同時に年齢差も顕著に表れてて面白かった。この2人と大西畑の年齢差は同じはずなのに何でこうも違うんだろう、、、ニシハタ、、、ミニサイズ、、、ドウガン、、、?何はともあれ異色な2人は声質もやっぱり違うからとても新鮮なユニゾンでした。こういうユニットシャッフルみたいなの、今後も東西同士で企画したらいいのに今の時点で機会がなかなかないのが残念です。

 

M33.  Amazing!!!!!!

スト新曲!!ストの勢いは止まらネェェェェェェ!!(@喜びの歌) 既に出来上がっているグループの、既に完成された新曲。セカムブの余韻は残りつつ、スト魂参戦気分をここでもまた味わいました。グループっていいなぁ、、、

 

M34.  青春アミーゴ

向井西畑のデュエット。こじだいがセンターを割ったゾォォォ!!前回の記事って言うかコント前までの披露曲において、こじだいはセンター割ったら強いのにとボヤいてたオタクの願いがすぐ叶った。身長差や顔立ちも雰囲気も全く違うのになんだかハマる気がする。敢えてシンメとかコンビじゃなくて関西ジャニーズJr.の現ツートップって言わせていただきたい。そんな2人が歌う青春アミーゴまじでエモい。

「何故だろう 思い出した景色は 旅立つ日の綺麗な空 抱きしめて」

エモーーーーーーーい!!

 

M35.  アンダルシアに憧れて

アンダルシア踊る関西がとても新鮮でした。カウコンでしか見れないかと思ってたから、こじだいのジャケットプレイにいちいち興奮していました。康二くんは本当にスタイルがよろしくて、非常にセクシーなダンスを踊ります。喋ると弟キャラなのに、アイツァとてもずるいアイドルです。

 

M36.  硝子の少年

最年少コンビである慎太郎くんと流星くんに、スト最年長髙知くんの3人だったのですが、異色過ぎ且つキャラクターが大分異なるメンバーだったのでとても新鮮でした。三者三様の硝子の少年がそれぞれ出来上がってて、全然交わってないんですけどそこがいい!(笑)  最後の3人が中心に片手をかざす振りでも3人は自分の手先を見てて、アイコンしているようには見えず、そのぎこちなさが微笑ましかった(笑) 他の公演ではジャンケンしてたとか。なにそれ見たかった!

 

M37.  Real Face

龍太北斗樹の3人、龍太くんと樹くんはそれぞれ違うギラギラ臭が漂っていました。スト×KAT-TUNはテッパンの相性ですが、龍太くんも合う!さすが京都のヤンキー!って言ったらあらゆる方向から叩かれる??それは怖いな。北斗くんの舌打ちはゾクゾクした。北斗くんに舌打ちされる女になれたら余裕で北斗くんの目の前で飛び降りれます。気に入られるような努力はしません。サヨナラコウジクン

 

M38.  アイノビート

ジェシー西畑の同い年コンビ、全然同い年には見えません。今年新成人とか何!?私も2人と同世代ですが地元の成人式はこんな2人いなかった!!そりゃそうか!! アイノビートもお互いそれぞれの魅せ方があって、同じくらいの時間を生きてきたのにこうも違うのかと驚きました。

 

M39.  絆

花道&お立ち台でのパフォーマンスにつき上階組解散!!どこに誰がいるか探る前にまず見えない!!レポで予習していたあらゆる絡みを楽しみにしてただけに残念です。名曲にただただ聴き惚れてました。 

 

M40.  Fight All Night

全員曲。ここは何と言っても台宙をバッチリ決めた龍太くん!!!何気に一番沸いたハイライト!!!それまであんなに踊って歌ってコントで声張ってたのにここでやるの!?しかも何気ない間奏で、多分位置移動する過程なのにサラッとやってました。もっと視線集めてからやってよ!!キャー!じゃなくてみんなエッッッ!?て反応だったよ!?最年長さすがです!!

 

M41.  LOVE

ジェシー挨拶での 今後もこういう機会が増えたら っていう言葉は忘れません!!ニュアンスです!!どんどん増やしてほしい!!

その後のLOVEは初めて聴いたのですが、あんなに多幸感溢れる曲は久しぶりでした。ジャニワ未経験なので、これを聴ける現場は素直に羨ましい。白スーツのみんなが円になって歌う姿が印象的です。冒頭あんなにギラギラギラ!稲妻!とか言ったりコントでは酷くはっちゃけてた、誰1人個性が被らない10人が、ここで一つの円になって内側に向かって歌ってて、あぁジャニーズっていいなって思いました。オタ卒した古謝担に見せてあげたい。

 

M42.  SHOW&SHOW  ☆encore

東西から発表の新曲であり、名曲です。と言っても一回聴いただけなので曲の多幸感しか覚えてない。脳みそヨボヨボかよ!バックの10人も出てきて一緒に煽ってて、ステージに人がいっぱいいてテンション上がりました。(小学生の感想) またあらゆる媒体で聴きたいし、もう既に聴ける機会はいくつかあるみたいなので今からとても楽しみです。

 

よし!とりあえず終わり!コントはもうふんだんに爆笑が盛り込まれすぎて文字起こすのもしんどいので一旦曲と演出の感想だけ書きました。関西贔屓で大変申し訳ございません。正直若干忘れかけている部分も多々ありましたが、公演自体が本当に素晴らしく充実していたので、思い起こしながら書いている最中とても楽しかったです。もう既に懐古が激しく、レポを残してくださる方には頭が上がりません。アウェイじゃん!!なんて無駄な心配だったなぁ。常に100%(に見える)のパフォーマンスを魅せてくれた10人とバックの子たちに上等なハムでも送りたい。千秋楽おめでとうございます。短い期間の中で例の事件(?)や観劇Jr.、ジェシーくんの怪我等話題の多い公演でしたが、出演者の皆様本当にお疲れ様でした。この公演が彼らの今後の飛躍のきっかけになりますように。

 

私としては、自担が一番かっこいいんだなぁと実感しました。三宅健くんのそっくりさん、という浅い認識から始まり、たった一年でV6の沼に浸かってた東北のオタクを新橋まで出向かせる康二くんはただ者ではございません。ぜひ関西ジャニーズJr.を見る機会があるときは、最高でしかない完璧アイドル向井康二くんをよろしくお願い致します!!

 

(1000字くらいの省略には成功しました。)